見習い経済アナリスト

時事ネタ(経済情報中心)を深堀して発信していきます。あと経済系の資格情報も書いていきたいと思います。ご意見ご要望ありましたら応えていきたいと思います。当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

2016年5月30日~6月3日の相場予想

まずは先週の株価の結果から。

予想レンジは16700-17000 結果16471-16834

意外と下落してしまいましたが、そこそこレンジ内に収まりました。

原油が50ドルまで戻したりダウが300ドルほど上昇したことで日本株にも買いが入りました。

アメリカ1-3月期改定値GDPも0.8%と速報値0.5%よりも上方修正でプラス要因に働きました。

 

来週の予想いきます。

予想レンジ16800-17200円 

今週は小幅高するのではないのかなと思います。

理由①6月1日の通常国会会期末に消費税増税財政出動

消費税増税は織り込み済みだとおもいますので期待は財政出動

10兆円規模ならばポジティブサプライズになるとおもいますので株価上昇要因になるとおもいます。

ただ期待以上でなければ下落していまいますので注意が必要ですね。

個人的には選挙が近いので何かしてくるとは思います!!

 

次は為替いきます。

先週の結果。

予想レンジは109-112円  結果109.06-110.3円

これはレンジ内に収まりました。

理由①の連銀は予想通り利上げするような発現をしましたね。

ただ為替の反応が少ないのでおそらく6月利上げは織り込まれていますね。

 

今週の予想いきます。 

予想レンジは109-112円  

先週と変わらぬレンジでいきます。

理由①6月3日雇用統計の結果を受けた利上げ再燃

為替が大きくぶれるとしたらこの辺だと思います。

この指標結果次第では年2回もしくは3回の利上げも意識されるかもしれませんね。

そうなると為替に織り込まれますので為替レンジがぶれるかもしれません。

また逆もしかりなので注意してください。

 

最後に金利です。

先週の結果から。

20年国債予想0.25-0.28% 0.245-0.265%

ほぼほぼレンジ内ですね。

週末0.245%で強く終わりましたね。

おそらく6月追加緩和期待を見越した先回り買いが増えたと思われます。

 

今週の金利予想。

20年国債予想0.23-0.28% 

 

大きなイベントはなさそうなのでこの辺のレンジで動くと思います。

様子見ムードは継続していくと思います。

 

注目指標

31日(火) (米)4月個人消費        予想+0.6%

1日(水) (米)5月ISM製造業景況指数    予想50.6

2日(木) (欧)ECB理事会

3日(金) (米)5月雇用統計         予想5%、17万人増

 

 おすすめ銘柄の先週の結果

トヨタ自動車

5506→5589

ほとんど変わりませんでした。

利上げの話で大きく上昇もしましたが残念ながら続きませんでした。

 三菱UFJ

 533→542

小幅上昇。やはり売られすぎですね銀行株は。追加緩和でマイナス金利を深める発表がでれば終了ですが( ;∀;)

 

今週のおすすめ銘柄

トヨタ自動車

大きくは動かないかもしれませんが、負けない銘柄だと思います。

円安期待で仕込んどきましょう。

 

独自視点

私個人ではアフリカランドの債券がねらい目かなと思います。

1ランド7円と過去最低。10年国債利回り9.38%の高水準。

この低金利の時代大きな金額では難しですが、少額で投信経由で持っていても面白い銘柄だと思います。