見習い経済アナリスト

債券相場をメインに経済情報を発信していきます。あと経済系の資格情報や趣味のドラマについても書いていきたいと思いますのでご意見要望ありましたら応えていきたいと思います。

2016年7-9月期オススメドラマ

 

遅いですが7-9月期ドラマのオススメを書きたいと思います。

まずは視聴率の動向をリンクで張っておきますので視聴率を参考にされたい方はこちら

 

テレビドラマ視聴率一覧 2016年7-9月期 (本店)

 

オススメ1位 家を売る女(日テレ 水曜日 10:00-11:00)

www.ntv.co.jp

「私に売れない家はない」が名台詞(どこかで似た言葉聞いたことあるような)の三軒家万智(北川景子)が奇抜な方法を用いて同僚を巻き込みながら様々な物件を売るドラマ。

 

見どころはいろいろありますが、一番は家を売る手法だと思います。毎回びっくりさせられるくらいの解決方法をお客様に提示して契約をとっています。本当にすごいです。その代償として周りの上司・後輩は面白いくらい振り回されています。特にダメダメ新入営業ウーマンの白洲美加(イモトアヤコ)はひどい目に毎回あっています。

 

三軒家万智(北川景子)は無表情で趣味は家を売ることと近寄りがたく謎めいた雰囲気をだしていますが、実は結婚願望があるところなど女性らしい一面も出てきていて、回を重ねることに、オブラートに包まれている人間性がわかっていくのも今後の見どころだと思います。

 

視聴率でも10時枠の中で1位、平均も10%以上と好調なドラマです。

 

2位 そして、誰もいなくなった(日テレ 日曜日 10:30-11:25)

www.ntv.co.jp

藤堂新一(藤原竜也)が別の人間に丸々人生を乗っ取られるという奇抜なドラマ。誰がなぜそのようなことをしているのかは全くわからないが、徐々に謎が解明されていくような感じがします。見どころは今後どのような展開になっていくのか読めないところです。

 

2016年4-6月期では「僕のヤバイ妻」(僕のヤバイ妻について知りたい方は右のリンクに見どころを書いています2016年4-6月期のドラマ)と次が読めない点で似ています。「僕のヤバイ妻」が好きな方には特におすすめです。

 

またカイジデスノートと同様に孤独の中必死にもがきながら感情をあらわに戦う藤原竜也は見どころです。今回のドラマでも感情むき出しの名演技をしています。カイジデスノートが好きな方は一回見てもいいと思います。

 

視聴率は回を重ねることに低下していますが、他のドラマも同様な傾向にありますので気にせず見守っていきます。初回10.7%。4話6.4%。