見習い経済アナリスト

時事ネタ(経済情報中心)を深堀して発信していきます。あと経済系の資格情報も書いていきたいと思います。ご意見ご要望ありましたら応えていきたいと思います。当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

CFP試験対策(相続・事業承継設計)

CFP試験対策シリーズ!

今回はCFP試験の中でも取りやすい科目の相続・事業承継設計です!

この記事だけを見るだけで合格ラインに到達できるよな生産性の非常に高い記事を目指して書いていきます!

随時更新していきたいと思いますので応援よろしくお願いします!

 

【遺言】

・公正証書遺言

遺言執行者→未成年・破産者不可

・自筆証書遺言

氏名→遺言者が特定できればよい→ペンネーム・通称などでも可

・秘密証書遺言

 

【遺産分割協議】

・保険金→受取人の固有財産→遺産分割協議の対象にならない

・遺産分割協議書→法令に定められた形式はない、一部合意できた財産についてのみ記載しているものも可

・包括受遺者→相続人と同一の権利義務有→遺産分割協議に参加

・遺産分割協議→共同相続人全員の同意があれば、遺言に従わない遺産分割も有効

 

成年後見制度】

・法定後見・任意後見→東京法務局での登記

①任意後見制度

・判断能力が不十分になるに契約

・任意後見契約書→法務省令で定める様式の公正証書により作成

・任意後見監督人→家庭裁判所より弁護士、司法書士などが選任される

②法定後見制度

・判断能力が不十分になったに契約

成年後見人、保佐人、補助人→家庭裁判所が選任・複数人選べる・法人も選べる

成年後見人の行った法律行為は「日用品の購入その他日常生活に関する行為」の行為は取り消すことができる。

 

成年後見登記制度】

・法定後見・任意後見→東京法務局での登記

【生命保険金の非課税金額】

相続放棄→保険の非課税の恩恵を受けることができない。※非課税限度額の計算には使われる

【退職手当金・弔慰金の非課税金額】

・退職手当金の非課税枠→500万円×法定相続人

・弔慰金の非課税枠

①業務上での死亡→普通給与×36か月

②業務外での死亡→普通給与×6か月

【相続開始前3年以内の贈与財産の加算】

・計算には贈与時の相続税評価額を用いる

相続放棄していても遺贈によるものは相続税の課税価格に加算

【小規模宅地等の特例】

・居住用宅地→条件を満たせば330平方メートルまで80%減額、配偶者には条件無し

・貸付事業用宅地等→条件を満たせば200平方メートルまで50%減額

 

 

・香典返礼費用は債務控除対象外

・相続財産の中から賄う費用は債務控除対象外

・固定資産税は債務控除対象

・香典収入を葬儀費用に充当しても、葬儀費用は債務控除することができる

障碍者控除】

・100千円×85歳に達するまでの年齢(1年未満の端数は1年とする)

・特別障害者:200千円×85歳に達するまでの年齢

 

 

・税額軽減額:課税価格合計額のうち配偶者の法定相続分相当額か1億6000万のどちらか多いほう

【遺産にかかる基礎控除額】

代襲相続かつ養子の場合1人としてカウント

相続税額の2割加算】

代襲相続相続放棄相続税額2割加算

相続税の延納】

・担保財産は相続、遺贈による取得した財産に限らず、相続人固有の財産でもよい

・延納額100万円以下かつ延納期間が3年以下である場合は担保不要

相続税の物納】

・特定物納申請書を提出した時の時価が収納価格になる

所得税の準確定申告】

・相続を知った日の翌日から4か月を経過した日の前日(4か月以内)までに準確定申告をしなくてはならない

【相続時精算課税制度】

・2500万円を超える財産について一律20%の税金がかかる