見習い経済アナリスト

時事ネタ(経済情報中心)を深堀して発信していきます。あと経済系の資格情報も書いていきたいと思います。ご意見ご要望ありましたら応えていきたいと思います。

12月5日~9日の相場予測

日経平均株価予想 18200~18600円

大きく振れることはない相場になりそう。

注目は日本時間5日の早朝に発表される国民投票の結果。

憲法改正否決派が買ったとしても円高になるが影響は限定的。

下落すれば、日銀と個人の買いが入る可能性が高い。

上昇すればヘッジファンド手じまい売りや個人の利益確定売りがでる。

ドル円為替予測 102~105円/ドル

イタリアの国民投票により為替が円高方向に振れる可能性あり。

13日~14日FOMCの利上げは市場が織り込み済みなので来年度以降の利上げ発言によってはドル円相場が変更する可能性あり。

➣20年国債金利 0.42-0.50%

同じくイタリア国民投票が大きな要因

8日の30年国債入札とECB理事会が大きなイベント

ECB理事会では足元トランプ相場で金利が上昇しているので2017年3月までの追加緩和が延長され、金利低下が起こる可能性がある。

REIT指数1780~1820ポイント

足元大幅上昇してきたために1800ポイント付近でもみ合いの可能性あり。

ECB理事会での追加緩和期間延長等の話がでれば金利低下による上昇も期待できる。

 

➣注目イベント

4日(日)<伊>イタリア国民投票

8日(木)<日>7-9GDP改定値

8日(木)<日>30年物国債入札

8日(木)<欧>ECB理事会

 

➣個別銘柄

2036 金ブル

ドル高により金価格が大幅下落。

トランプ相場では波瀾が起こる可能性があり、金が上昇する局面が来る可能性あり。