見習い経済アナリスト

時事ネタ(経済情報中心)を深堀して発信していきます。あと経済系の資格情報も書いていきたいと思います。ご意見ご要望ありましたら応えていきたいと思います。当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

タックスプランニング(CFP)の要点まとめ

今回は計算問題の比重が大きいタックプランニングです!

 

この記事だけを見るだけで合格ラインに到達できるよな生産性の非常に高い記事を目指して書いていきたいと思います!

 

給与所得者に係る問題(計算問題)

 

例年計算問題が出てきますので押さえておきたいポイントを列挙します!

 

◆長期譲渡所得(総合課税に参入する計算方法)

 

(総合所得金額に参入する額)

= {(譲渡収入)ー(取得費)ー 50万(特別控除)}× 1/2

 

特別控除50万円と最後に1/2することを忘れがちになるのでしっかり覚えておきましょう!

 

※譲渡所得の特別控除(50万円)は短期譲渡所得と長期譲渡所得がある場合は短期譲渡所得から優先して使用する!!

◆一時所得 

一時所得内で損益通算可!!

 

 

株主総会決議等の問題(正誤問題)

 

普通決議と特別決議につての知識が問われることがあるので覚えておいて下さい!

 

◆普通決議

 

決議内容は取締役・監査役の選任、取締役の解任、役員給与等の決定などです!

 

承認条件:議決権の1/2超の株主が集まり、出席株主の議決権の1/2超の賛成

 

◆特別決議

決議内容は事業の全部の譲渡、監査役の解任などです!

 

承認条件:議決権の1/2超の株主が集まり、出席株主の議決権の2/3超の賛成

 

承認条件も出ることがありますので覚えておいて下さい!

 

法人・役員の取引(計算問題)

 

計算問題でよく出たりしますのでポイントを記載します!

 

◆役員から法人への資産の低額での譲渡

 

著しく低い価格(時価の2分の1未満の価格)で譲渡した場合は時価で譲渡したことになる!

 

低額譲渡した商品の時価と譲渡価格の差額は給料として扱われる

 

法人の損金算入・損金不算入(計算問題)

 

接待費・役員に対する支出・租税公課の損金算入、不算入を問う計算問題がよく出ます!!

 

法人税の扱い

 

 損金算入のものは法人特別税・利子税・事業所税

 

 損金不算入のものは法人税・法人住民税・印紙税の過怠税・延滞税

 

 

 

 随時更新していきたいと思います!

 

最後にお勧め参考書のリンクを張っておきます!

 

CFP受験対策精選過去問題集 タックスプランニング 2017?2018年版

CFP受験対策精選過去問題集 タックスプランニング 2017?2018年版

  • 作者: FPK研修センター株式会社
  • 出版社/メーカー: FPK研修センター株式会社
  • 発売日: 2017
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る