読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見習い経済アナリスト

債券相場をメインに経済情報を発信していきます。あと経済系の資格情報や趣味のドラマについても書いていきたいと思いますのでご意見要望ありましたら応えていきたいと思います。

CFP試験対策(タックスプランニング)

CFP試験対策シリーズ!

今回は試験のボリュームが大きいタックプランニングです!

この記事だけを見るだけで合格ラインに到達できるよな生産性の非常に高い記事を目指して書いていきます!

随時更新していきたいと思いますので応援よろしくお願いします!

 

 

法人成り

株主総会決議等の問題

普通決議と特別決議がありますのでそれぞれの意味と承認条件を確認しましょう

 

普通決議→通常のことを決める決議

 例.取締役・監査役の選任、取締役の解任、役員給与等の決定

承認条件:議決権の1/2超の株主が集まり、出席株主の議決権の1/2超の賛成

 

特別決議→重要なことを決める決議

 例.事業の全部の譲渡、監査役の解任

承認条件:議決権の1/2超の株主が集まり、出席株主の議決権の2/3超の賛成

 

法人・役員の取引

◇役員から法人への資産の低額での譲渡

 著しく低い価格(時価の2分の1未満の価格)で譲渡した場合は時価で譲渡したことになる!

 低額譲渡した商品の時価と譲渡価格の差額は給料として扱われる

 

法人関連

法人税の扱い

 損金算入可・・・地方法人特別税・利子税・事業所税

 損金不可・・・法人税・法人住民税・印紙税の過怠税・延滞税

※譲渡所得の特別控除(50万円)は短期譲渡所得から優先して使用する

 

 

 

 

 

 

 

2月13日から2月17日の相場動向

2月13日から2月17日の株価の相場動向

上昇すると思われる。日米首脳会談は特段変わった話はなかった。

それにより安心感から買いが入ると思われる。

またトランプ氏の減税策、金融緩和策も追い風になると思われる。

さらに4月-12月期の決算も発表され、好調となる見通しである。

17年3月期は5社に1社が最高益になる見通しになっており利益の増加から株高になる可能性が高いと思われる。

 

2月13日から2月17日の債券の相場動向

20年利付債の利回りは狭いレンジでもみ合いになると思われる。

10日に日銀のオペが行われ、10年超25年以下と25年超の買い入れ額がそれぞれ100億増額され日銀の超長期のポジションが少し明らかになったことによって、利回りが大きく上昇することは限られると思われる。

ただトランプさんの減税策によって、米金利が上昇するに伴って日本の金利も上昇する可能性があるので積極的に買いに行きづらい状況でもある。

2月9日に30年の入札があり一定の需要があったことから超長期ゾーンが大きく売り込まれることもなさそうである。

引き続きトランプさんの言動と日銀のオペの動向によって債券相場変化すると思われる。



2月6日から2月10日の相場動向

 

2月6日から2月10日の株価の相場動向

揉み合い状況になると思われる。

2月10日に安倍首相とトランプ氏の首脳会談が決まっており、そこに注目が集まっている。

この会見を見てからの行動となるために様子見の展開が考えられる。

国内では2月6日にトヨタ自動車2月8日に三井物産softbank の決算が発表される。

また2月9日には2016年12月の機械受注と1月-3月期の見通しが発表される。

上振れれば景気拡大とみなされて株価上昇に追い風になる可能性もある。

先週の3日に金融規制の緩和をする大統領令にトランプさんが証明したため日本株も金融セクターが買われてくる可能性が高い。

いずれにせよトランプ大統領の発言に影響を受けやすい相場であることは間違いなさそうである。

 

2月6日から2月10日債券の相場動向

債券相場も揉み合い状況が続くと思われる。

2月3日金曜日に日銀が10時10分に5年超10年以下の買いオペレーションを400億増額したが、10年金利は上昇して一時0.150パーセントをつけた。

しかし12時半に指値オペが入り債券相場は一服した。

今回は実弾となって7239億円購入した。

10年の所に指値オペが入ったことによって下値が堅いことがわかり、一段の下落はしにくいと思われる。

逆に買い材料も乏しく、もみ合いになると思われる。

2月9日には30年入札が行われて行われる予定だが2月10日に安倍首相とトランプ氏の首脳会談があることもあって無難に終わると思われる。

2017年 1月30日―2月3日 相場見通し

株価の相場動向

 

上昇すると思われる。

4-12月期の決算が本格的に発表される。

円安方向に振れているため上方修正が入ると思われる。

2月2日木曜日には新日鉄パナソニックソニーなどの主要な決算が発表される。

また、アメリカで1月31日にappleエクソンモービル2月2日 amazon . com・visa の決算発表が行われて上方修正が起こる可能性が高いと思われる。

そうなればNYダウが上がって日本株にも恩恵を受ける可能性があると思われる。

1月30日から31日にかけて日銀の金融政策決定会合、1月31日から2月1日にかけFOMC。特段大きな発表はないと思われる。

FOMCに関してはイエレンさんの会見もない見通し。

 

債券の相場動向

 

横ばいに推移すると思われる。

週末のアメリカの金利は2毛3糸強の2.489%で終わった。

今週は日銀の決定会合と fomc があるが特段変わった内容は出ないと思われるため、影響は限定的。

日米ともに4月から12月期の決算が発表される。

上方修正が立て続けに行われればリスクオンの展開となり、相対的に安全性が高い債券は売られる見通しになるかもしれないので注意が必要。

下克上受験 第3話

第3話をまた感動するシーンがありました !!

先生が家庭訪問はした時に さくらちゃんが 「お父さんをいじめないで」 と お父さんをかばうところじゃなかったですかねー

深い親子愛を感じました(T0T)

後楢崎くんついに切れちゃいましたね!!

まあ仕方ないでしょ(´∀`)

全然信一さん仕事してないんだもん

みんなの前で二人の案件を僕一人でやりましたといちゃいましたね

今後この二人の関係はどうなるのでしょうか見ものですねー

第2話は感動がたくさんありました。

一つ目はお父さんが公園で 娘と一緒に 受験をすると決めたところ!

2つ目は 娘がお母さんとお風呂で受験をすることを 決めたところ!

最後は おじいちゃんが 息子と孫娘のために 勉強机を作ってあげたところ!

今後も感動できるようなシーンがたくさんあるような気がします!

勉強法

ムダにならない勉強方を読みました!

勉強で重要なことはアウトプット!!!!

アウトプットすることで覚える・身に付くとのことです!

脳の機能からのアプローチもあり説得力がありました!

おすすめです!

12月5日~9日の相場予測

日経平均株価予想 18200~18600円

大きく振れることはない相場になりそう。

注目は日本時間5日の早朝に発表される国民投票の結果。

憲法改正否決派が買ったとしても円高になるが影響は限定的。

下落すれば、日銀と個人の買いが入る可能性が高い。

上昇すればヘッジファンド手じまい売りや個人の利益確定売りがでる。

ドル円為替予測 102~105円/ドル

イタリアの国民投票により為替が円高方向に振れる可能性あり。

13日~14日FOMCの利上げは市場が織り込み済みなので来年度以降の利上げ発言によってはドル円相場が変更する可能性あり。

➣20年国債金利 0.42-0.50%

同じくイタリア国民投票が大きな要因

8日の30年国債入札とECB理事会が大きなイベント

ECB理事会では足元トランプ相場で金利が上昇しているので2017年3月までの追加緩和が延長され、金利低下が起こる可能性がある。

REIT指数1780~1820ポイント

足元大幅上昇してきたために1800ポイント付近でもみ合いの可能性あり。

ECB理事会での追加緩和期間延長等の話がでれば金利低下による上昇も期待できる。

 

➣注目イベント

4日(日)<伊>イタリア国民投票

8日(木)<日>7-9GDP改定値

8日(木)<日>30年物国債入札

8日(木)<欧>ECB理事会

 

➣個別銘柄

2036 金ブル

ドル高により金価格が大幅下落。

トランプ相場では波瀾が起こる可能性があり、金が上昇する局面が来る可能性あり。